ニュース

「置き配」案件がゼロとなり、再配送のリスクを大幅に軽減。

投稿者 : 飯田知子 on

LOMAのAI版プラットホーム構想「動く仮想倉庫」  システム構築のため、アクシオヘリックスと プラットホームを共同で開発注文から20分以内でのお届けと置き配ゼロを既に実現! AIで需要予測されたメーカーの製品が 【動くAI型仮想倉庫】に混載されエリアを巡回。株式会社LOMA株式会社LOMA(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:中川 善智、以下:LOMA)とアクシオヘリックス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:シバスンタラン スハルナン、以下:アクシオヘリックス)とは2社共同で、3キロ圏内を1エリアとしたLOMAのAI版プラットホーム構想「動く仮想倉庫」の実現に向けて開発をスタート致しました。事前の需要予測とリアルタイムの物流データ(在庫や車両位置情報)を基に、顧客の注文に対し最も近い車両が注文から20分以内に配送するこのLOMAプラットホームは、都市部など倉庫を確保することが困難なメーカー企業が、この仮想的な倉庫を利用し、販売網を広げることと受注から20分配送の為、置き配ゼロの実現が可能となります。将来的にはラストワンマイルのための物流・配送ロボットを導入して2027年には3兆円市場と予測される物流ロボ等の自動運転技術を活用して、製造メーカーによる直物流のビジネスモデルの構築を目指します。■LOMAプラットホームの機能の概要と特長1) LOMAが3月より実施してきた第1・第2フェーズでの実証実験で獲得した需要予測と配送ルートのビッグデータを活用し、アクシオヘリックスの持つ、AIやブロックチェーン技術と連携する。2) 配送データの取得には、ソニーのELTRES(TM)(エルトレス)を配送車両に搭載し、エリア内の最適な配送ルートを解析する。3) 半径3キロを1エリアと限定することで、情報が整理されそのエリア特有の需要予測や個々の消費ニーズを可視化。4) 需要予測された製品を20分以内にお届けすることで、社会問題となっている、ラストワンマイルドライバー(配送者)の「置き配」案件がゼロとなり、再配送のリスクを大幅に軽減。5) コロナ自粛に於ける、高齢者などの買い物難民支援サポートを継続し、現在は実証実験のエリアを一時的に福岡市内全域に拡大して実施。■背景LOMAでは、このままでは物流業界が崩壊する、という課題感から物流クラウド業者と呼ばれる物流マッチング業者が乱立する昨今の物流業界をターゲットにするのではなく、流通業界から物流をコントロールする全く新しいプラットホームの構築を目指して2020年3月3日に設立されたSaaSのベンチャー企業です。なお、本機能は2020年10月にローンチを予定しております。■今後の展開LOMAとアクシオヘリックスはAIを活用したプラットホームをローンチさせ、機能をさらにアップデートしていきます。今後は福岡市エリアを皮切りに、半径3キロのエリアをプラットホーム化し、面で水平展開しながら実証実験エリアを拡大していく予定です。これまでの実証実験で蓄積してきたトラブルシューティングなどをもとに、お客様満足度の高いプラットホーム構築に貢献して参ります。

続きを読む →


今やらないといけないことだと思って使命感を持ってやっている。

投稿者 : ONOKYOKO on

今やらないといけないことだと思って使命感を持ってやっている。株式会社LOMA 取締役 小野京子 昨日TVQのふくサテで株式会社LOMAが紹介されました。 TVでの紹介概要最先端技術の活用特集新しい買い物サービスが拡大Wework大名のオフィスの仕事風景 *小野京子取締役のインタビュー*さすが剣道日本一*男性も入れての全米一*インタビュー慣れしています。 注文から20分以内に届けるAI型宅配スーパー ロマ今年3月に設立生鮮食品を短時間で宅配する実証実験 ロマ中川善智 社長これがロマの動く倉庫 *実はなんどか?セリフが飛び撮影をやり直しました。*確かに慣れないと緊張します この時間にこれが売れるだろうというのをAIで予測して 人工知能(AI)天候・地域別の売れ筋商品を学習生鮮食品を素早く配達するシステム構築へ 博多駅南エリアの半径3キロ圏内を2台の「動く倉庫」が巡回 想定以上のニーズ スーパーで3密になりたくないがレジに並んでいる 配達範囲を福岡市内全域に拡大 *コロナ支援で1次的に福岡市全域に拡大している (買い物は)やはり控えていた1人で行くとか自粛していた。 重たい物がこうやって届けてもらえるので助かっている たまたまコロナが起きてみんなが家にこもるようになった *顧客インタビューは非常にロマに好意的な意見を発言して頂いた*ありがたい 今やらないといけないことだと思って使命感を持ってやっている *テレビ効果か?*メーカーからメーカー直物流に関して問い合わせ・商談がぞくぞく来ています。 To be continued.....

続きを読む →


ネットで注文が入って6分で届けた。

投稿者 : 飯田知子 on

AI型宅配スーパー「オレンジ」 23日18:05 ネットでの初注文が入る。その20分後 18:25配達完了の報告が入る。 注文した顧客はあまりの配達の速さに「えっ、、、もう??」ぽかーんとしていたらしい 実は配達時に卵を忘れたからと1度戻ってからの配達時間だアイランドシティ照葉では平均13分だった。博多区でも同じことが実現可能だと感じた。 LOMAが新しいビジネスモデルを確立できる匂いがした。間違いなく「Amazon」より「LOMA」は配達が異常に早い 21日にオープンしたAI型宅配スーパー「オレンジ」の報告・相談の電話が入る 野菜の仕入れの支払いサイトはどうする?配達のスタッフがいない60代の取締役が自ら巡回して顧客に配達しているらしい人事の件で問題があるプリンターが必要と言っている野菜の冷蔵庫はどうする?? 田んぼの中で足が泥に埋まりながら仕事の指示・相談に乗る 18:00夕食をスタートする。 18:05突然ネットからの初注文が入る 「オレンジ」現場に指示をする。ネットの初注文が入った。飯田「13分以内に配達して」中川「5分で届けて」中川の会社の祖業は交通事故の時のレッカーが始まりだった。緊急時のスピード感は早い(笑) 18:25配達完了の報告が入るネットで注文して20分でモノが届く取締役の北島が顧客へ直接届けた。LOMAを起ち上げてから北島取締役は休みが全くない、、、、 LOMAのプレゼン資料の最後に未来の話がある そう遠くない未来の話。20分で荷物が届く。そう、遠くない、未来のお話です。注文してから20分で荷物をお届けします。 今はまだ、もう少し、時間がかかりますけれど。 もう少しどころか会社設立してわずが2ヶ月で実現してしまった。 金曜日、北島取締役に話をした。株式会社LOMAを設立する時、中川氏と飯田は、まずは時価総額1000億円のユニコーンを目指すと決めた。 北島取締役はストックオプションとして株式の5%を渡す契約設立時のLOMAの会社の資本金から換算すると25万円の価値 アイランドシティでの第1フェーズの実証実験を終え第2フェーズのAI仮想スーパー「オレンジ」の実証実験をスタートさせた。 ベンチャー企業としてのシードの資金調達は5000万円を予定している。株式の放出としては10-20%以内に抑える予定で計画している そうするとLOMAの時価総額の換算で行くと10%の放出だと時価総額5億円20%の放出だと時価総額2.5億円 もしかしたら別の調達を行いベンチャーキャピタルからの出資を1社だけに絞り1000万円だけにして株式の放出を2-4%に抑えることも考えている。 北島取締役がLOMAに参加して収得したストックオプションはシードの増資で時価換算すると1250万円から2500万円の価値とみなす事ができる。 そして君がストックオプションを行使せず時価総額を1000億円を突破することができたら君のストックオプションの株式の価値は50億円になる ベンチャーはハイリスクハイリターンだが君が死ぬほど努力してチームに貢献すると50億円を手に入れる どうですか??死ぬ気で働く気になったでしょう(笑) 君の得意分野を伸ばし、不得意分野はベンチャーだと他の経営チームが補填する。君はこれから数年、命をかけて頑張って欲しい 今、この文章を書いている時もネットより注文が入った。北島取締役が19:44に配達に行くと報告が入る19:50配達完了の報告が入る ネットで注文が入って6分で届けた。やばい、、、、凄すぎる オレンジのアナログ部隊は既に100件以上の注文と定期購入をガンガンとっている 毎日がドラマだ to be continud...

続きを読む →


日経新聞記事抜粋2020年5月21日掲載

投稿者 : 飯田知子 on

人工知能(AI)を活用して注文需要の予測や走行ルートの効率化に取り組み、注文から20分以内で受け取れる仕組みを確立する。 祝!本日日経新聞にSaaSベンチャーLOMAが掲載「すべての人と車を動く倉庫にする。」SaaSのラストワンマイルアシスト 株式会社LOMA 日経新聞記事抜粋2020年5月21日掲載(記事抜粋)LOMA、生鮮食品を宅配 荷物積んだ巡回車両が直行 物流スタートアップのLOMA(ロマ、福岡市)は、野菜や牛乳などの生鮮食品の宅配事業を始める。ネットや電話で注文すると、商品を積んで巡回している最寄りの自社車両が1時間以内に自宅まで届ける。今後は人工知能(AI)で配送データを分析し、扱う商品種類の拡充や、注文から20分以内の配送を目指す。 5月中にも福岡市博多区で実証実験を始める。利用者はネットの専用ページから、野菜のほか、米や水などを注文できる。スマートフォンを使いこなせない高齢者らも利用できるよう、電話やFAXでも注文を受け付ける。商品を積んだ4台の車両が各地域を巡回し、注文を受けると注文者の家に直行する。 to be continued....

続きを読む →


プロジェクト名は「オレンジ」

投稿者 : 飯田知子 on

第2フェーズの実証実験を準備プロジェクト名は「オレンジ」 人工知能(AI)を活用して注文需要の予測や走行ルートの効率化に取り組み、注文から20分以内で受け取れる仕組みを確立する。 祝!西日本新聞新聞にSaaSベンチャーLOMAが掲載「すべての人と車を動く倉庫にする。」SaaSのラストワンマイルアシスト 株式会社LOMA 2020年5月9日西日本新聞経済面20 記事一部抜粋「飲食持ち帰り」後押し異業種、新サービス続々 料理宅配サービスでは大手の「ウーバーイーツ」や「出前館」などもサービスを拡充しているが、展開範囲は都市部が中心。物流のスタートアップ企業「LOMA」(福岡市)は4月、飲食店運営のプロスパーダイニング(東京)と連携し、福岡市東区のアイランドシティで料理の移動販売の実証実験を始めた。アイランドシティで料理の移動販売の実証実験を始めた。アイランドシティにある休業中の商業施設に飲食店を構えるプロスパー社が弁当や軽食を作り、LOMAの車で販売する。LOMAは各消費者に行き渡るまでの「ラストワンマイル」の運送効率化を目指しており、移動や販売データーを蓄積し、最適なルートや需要の予測につなげる計画だ。同社は「福岡発の新たな仕組みを確立していきたい」としている。(記事ココまで) 第1フェーズの香椎照葉での実証実験で様々なビジネスモデルを検証した。第1フェーズのデータを踏まえ我々はスピーディーにピボットを始める。 ピボットとは『旋回する』という意味ビジネスにおいて、“ピボット”は事業の「方向転換」を表す。特にスタートアップ期のベンチャー企業が新たな可能性がある市場を見つけたりした場合、ピボットを行う。 次は福岡市博多区で第2フェーズの実証実験を準備 今週、若いベンチャー企業なのに新しく60代女性をボードメンバーに迎える プロジェクト名は「オレンジ」 To Be continued... 毎日がドラマだ(笑)

続きを読む →